こんにちは、甚平の続きを紹介します。

 

さて、袖付けが終わったので、次は前身頃の下部分に見返しを付けます。見返しに接着芯を貼って、ジグザグミシンをかけます。

 

   

 

裾の所は見返しの形合わせて、L字に縫います。カーブの縫い代に所々切り込みを入れて、見返しを返しアイロンで押さえ、見返しの端にミシンを掛けます。

 

そして、次は裾を1僂了阿沈泙蠅砲靴謄潺轡鵑魍櫃韻泙后

 

今度は、股のまちを作ります。まちは表と裏を中表に合わせ縫って、ひっくり返し、後ろ見頃の股下の部分に縫いつけます。股下には縫い線のぎりぎりに切り込みを入れて、縫い代を広げて縫うと縫いやすいです。

 

   

 

後ろ見頃と表まちを中表に合わせて縫ったら、裏まちの縫い代を内側に折って押えミシンを掛けます。

 

あともう少しです。続きは次回に!

 

 

 

 

Comment





   

Search

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Archive

Selected Entry

Comment

  • 夢を叶えてくれたウエディングドレス作り***
    清水尚子

Link

Profile

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM